【ボンズカジノ】入金ボーナス

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

Top News About About 本拠点の特色と意義 拠点長メッセージ 国際研究拠点 印刷物 さまざまな活動 People People 免疫グループ イメージンググループ バイオインフォマティクスグループ 融合研究ユニット 融合研究ユニット 共同研究部門 共同利用施設 共同利用施設 事務部門 組織図 Giving Gallery Recruit Recruit IFReCで研究する・働く 公募一覧 Links Access Staff Only JPEN Home News & Topics CGRP感覚ニューロンは免疫細胞を介して組織治癒を促進する(Martino 博士, 審良教授らが Nature に掲載) News & Topics Research 2024.03.28 CGRP感覚ニューロンは免疫細胞を介して組織治癒を促進する(Martino 博士, 審良教授らが Nature に掲載) PRESS RELEASE 肉体的損傷は主に痛覚の感覚ニューロンを通じて脳・中枢神経系伝えられますが、感覚ニューロンの組織再生への寄与はこれまで不明でした。モナシュ大学のミカエル・マルティーノ准教授が率いる研究チームは、審良静男特任教授(大阪大学先端モダリティ・ドラッグデリバリーシステム研究センター/WPI-IFReC 自然免疫学)との共同研究から、Nav1.8イオンチャネルを含む感覚ニューロンの特定サブタイプを除去すると、損傷後の皮膚の創傷修復と筋肉の再生が著しく損なわれることを示しました。本研究は、神経系と免疫系の間の複雑な相互作用に光を当て、組織の修復と再生における感覚ニューロンの重要な関与を明らかにしました。この成果は、2024年3月27日に英科学誌 Nature に掲載されました。解説 (PDF)Article​ (外部リンク) Contact 審良静男 研究室 sakirabiken.osaka-u.ac.jp 自然免疫学 Back to All Archives 2024年度 2023年度 2022年度 2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度 2008年度 2007年度

ボーナスコードtedbet ボーマティック ステークカジノ登録&本人確認(KYC)方法!登録・ログイン ... westhuntルール
Copyright ©【ボンズカジノ】入金ボーナス The Paper All rights reserved.